About optional sessions and a hybrid meeting

「やさしい日本語ではなしましょう」と「英語ディスカッションワークショップ」は選択自由となってます。

とはいえ、第2週のDiscussion Workshopは柏の推しですから、英語を磨きたい方は是非ご参加ください。

日本人にとっての「やさしいにほんご」は、

#1

英語で何か言いた時に、ポイントを絞る癖をつけるため

#2

対面で例会を行っていませんので、コミュニケーション不足にならないように

と設けたセッションです。


コロナが落ち着いたら、ハイブリッドにするかどうかは、まだ検討中ですが、

機材の持ち運び、セッティングのことを考えると、担当者に負担がかかりますね。


でも、イベント的に通常例会をハイブリッドで行うのは大賛成です。

その時は、例会後のリアルお茶会も楽しみだなぁ。


"Let's Talk in Easy-To-Understand Japanese" and "English Discussion Workshop" are optional.

However, the Discussion Workshop on the second week is Kashiwa's recommendation!

Those who wants to improve your English, please join in.


For Japanese people, "Easy-To-Understand Japanese" is

No.1: To practice narrowing down points when you want to say something in English.


No.2:This session was set up in order to avoid lack of communication since we do not have face-

to-face meetings



We are still considering whether or not to make a regular meeting hybrid once Corona settles down.

It might be a burden on the person in charge to carry and set up the equipment. I don't like that.


But I absolutely agree with having a regular meeting as a hybrid as an event.

I'm looking forward to an actual party after the meeting then.






閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示