ワクワクの扉:Door to excitement

【Kのつぶやき その2】

英語がワクワクへの扉を開ける鍵のように思える時期がありました。

東京五輪でスケボーが脚光を浴びると、「習い事」として熱中する親御さんが増えて、それまで楽しい遊びだったのがプレッシャーを感じ始める子も出てきている、という記事を読みました。

英語を話すことがワクワクだったのに、そういえばいつから話すたびにプレッシャーを感じるようになったのだろう?と考えます。


柏トーストマスターズクラブにはいろんなバックグラウンドのメンバーが集まっています。

・英語教室の先生

・ビジネスマン(銀行・証券会社)

・主婦

・システムエンジニア

・薬剤師

・歯科衛生士

英語のレベルはメンバーそれぞれ違いますが、みんな励ましあって和気あいあいと活動をしています。英語を通してワクワクの扉を開けてみませんか? by K


[K's post, 2]

There was a time when English seemed like the key to open the door to excitement.

Many children started leaning skateboarding after the Tokyo Olympics, but the expectation from the parents just too high... so many children got stressed.

Speaking English should have been exciting and fun. However, when did I start to feel stressed every time I speak?


We have a wide variety of members in the Kashiwa Toastmasters Club.

English teacher

Businessman (bank, securities firm)

Housemaker

System engineer

Pharmacist

Dental hygienist

Each member is at a different stage of his/her learning curve, but we all encourage each other and work together in a friendly atmosphere. Why don't you try to open the door to excitement at the Kashiwa Toastmasters Club? by K






閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示