オンライン開催と会場開催


オンラインミーティングのデメリットのひとつは

話している相手の情報量(五感で感じる情報)がかなり少ないことですね。


皆さん、

柏は、月3回のミーティングがありますよ。

しかも第1と第2土曜日のセッションは、カジュアルトーストマスターズですから、

仲間の”あんな事、こんな事”まで聞けて、楽しいです。

対面だから会員同士仲良くなれるか?というと、必ずしもそうではないと思います。

柏の限りなくカジュアルチャットに近いセッション、お時間あったら遊びに来てくださいね。You are always welcome!


さて、

トーストマスターズ世界共通スタイルの通常例会は,

柏では、第4土曜日です。


第1土曜日は、日本語ミーティングです。

日本語学習中の方達にも楽しんでいただけますし、

日本人にとっては、母語でリラックスできます。やっぱり楽です。

で、そこから何か英語で話す時の「気づき」が生まれるのではないか というのが狙いです。


第2土曜日の"Talk in English"は、柏TMCのスタート時は、ディスカッションメインのadvanced Toastmasters Clubでしたので、ディスカッションは残したかったというのが最初の理由。


(色々ありまして、advanced TMCからcommunity clubになりました。)



ディスカッションセッションの話に戻りますが、オンラインなので、国際色も豊かになり、トピック選びが難しくなりました。

現在は、日本人会員にとっては、簡単なトピックで思ったことを英語ではなす。

英語discussionです。


オンラインでも会員同士のコミュニケーションは、大切です。

トーストマスターズはちょっとフォーマル過ぎると敬遠する方も多いのですが、

柏トーストマスターズクラブは、英語を話したい人たちが集まるところです。

上記の第1、第2土曜日の集まりは、コミュニケーション構築の場でもあります。


トーストマスターズクラブというのは、英語スクールではないので、会員が力を合わせてクラブを運営します。

そのため、毎年クラブ役員を決めます。

クラブ役員になると、年に何回か日本ディストリクトが、Club Officers Trainingという研修会を設けます。

他のクラブの役員と意見交換をするいい機会です。

オンラインですから、日本全国の役員さん達とお話もできて、楽しいです。


また、役員同士集まると、共通する悩みの解決策をブレイクアウトルームで

ブレインストーミングしたり、各クラブの経験をシェアします。

これは、いい勉強になりますし、クラブ運営側からみるのと、そうでないのとでは

全然違います。是非、皆さん、経験してみてください。


第4土曜日の通常例会では、毎月その日のミーティングロールがあります。

ちょっと大変ですが、この役を引き受けることで、

英語を使って役目を果たすという経験が積めます。


英語を使ってスピーチや役割を引き受けることで

少しずつ英語力も上がっていくというのが柏トーストマスターズクラブです。


是非、見学にお越しください!


ちなみに今夜は「楽しい日本語」セッションです。

後半には、新睦会もありますので、気楽に見学できますよ。








閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示